白鳳堂の化粧筆。毛質によってかなり変わるんだね。




ょうど近くでイベント出店されていた白鳳堂さん。
わーー実物を見ながら買えるなんて!!
と、赤子を抱っこして行ってまいりましたよ。

欲しいなと思っていたのは、アイライナー用と携帯できるリップ用の筆。
なのに。

20160605081118.jpg

増えてる!!!!!

高い方がきっと使いやすいはず、というのは完全な勘違いで。
リップ筆、イタチ(安価)とコリンスキー(高価)を試させてもらったら、イタチのほうが好みの質感でした……。
実物触るのって大事!

また、手持ちの筆(猫の毛……玉毛ってやつですね)だとアイシャドウを何度もつけないとならない、同じく手持ちの筆(確か灰リス)だとハイライトのラメが思ったより入らないことを話したら。
粉含みがよくて色をしっかり乗せるなら馬、ラメをギラッと乗せるなら山羊、と教えていただきまして。

こんなこともあろうかと、メイクセット一式持って行ってたので、自分のメイク用品で筆を試させてもらいまして。

同じ筆でも毛が違うとこんなに違うんだ!!というのを体験させていただきました。
手の甲が超・ラメラメになりました\(^o^)/
実物触るのって大事!!(二度目)

ということで、細い馬毛のアイシャドウ筆と、広めの山羊毛のアイシャドウ筆をハイライトやラメ用に使おうとお持ち帰りしたのでした。

どうして万年筆とか化粧筆とか、こう細長いものが好きなんでしょうね私は………。

ちなみに、それまでの手持ちの化粧筆ラインナップ。

20160605081102.jpg

ほとんどが白鳳堂ものです。
アットコスメと白鳳堂がコラボした時にガガッと買ったのです。
10年くらい使っていることになる……?(;´∀`)

お手入れかなりズボラなんですが(ティッシュでふくだけ)、リス系のもほとんど抜け毛なく、まだまだ現役です。