香水の話:アトリエコロン「バニラ・アンサンセ」

ニラみたいな甘い香りも似合いそうだよね。
……そう言われたら、じゃあつけてみよっか? とついついノリで言ってしまう私でありました。

そういやアトリエコロンにもバニラの香りがあったと思う……おお、あったあった。


バニラかチョコか。


実は私、お菓子の甘い香りは好きなのですが、甘いモノがあまり食べられません。
これも体質なんでしょうね、甘いモノをある一定以上食べると、具合が悪くなってしまうんです。黒糖やはちみつは比較的平気なのですが、砂糖がダメっぽい。
大体コレ言うと、「嘘でしょ!?」って言われるんですけどね……お腹も尻も豊満なんで……。

でも甘い香りは好きなので、たまにキャラメルティーなどのフレーバーティーを買って、無糖のミルクティーで楽しんでいました。
そうか、香水なら紅茶よりも手軽にパッと、しかも長く甘い香りを楽しめそうだなー……なんて思いつく。

どちらかと言えばチョコレートの香りのほうが好きだったので、先に探し始めたのはチョコレートの香りのほうでした。その時チェックしていたのはモンタルのチョコレート・グリーディー。(後に入手。笑)

バニラといえば、若いお嬢さん向けの可愛らしいスウィートな香りか、またはムスクと合わせてセクスィーーーなお姉さんの香りか……というイメージだったんです。
でも、ポメロ様であれこれインターネットの波の中を漂っている時に、「バニラのシングルノート」や「甘すぎない大人のバニラ」、メンズ寄りのバニラやムスクの入ってないバニラなどバニラにもいろんなタイプがあることを知りました。

特にここをめちゃめちゃ何度も読みました。(ありがとうございます……!!)
人々を魅了してやまない、華やかで独特な甘い香り。 真っ白なアイスクリームに閉じ込められた、涼やかなバニラ。 艶…

で、アトリエコロンのバニラは……「バニラ・アンサンセ」。
アンサンセはインセンス=お香のことかと思ったら、インセンシー=不合理な、という意味らしい。不合理という訳は固いけど、一筋縄ではいかないバニラというイメージかしら。興味がさらにアップ。

もう日本撤退のニュースの後で公式サイトからの情報は得られなかったので、口コミサイトやブログ検索、英語の口コミサイトをGoogle翻訳してまで調べる。執念。笑

まあ、ここまでしたら余計に欲しくなる、試したくなるのですよね。


ミニサイズ購入から完全にハマるまで


そんな折、ブランラパンさんにアトリエコロンの香水8種類のミニサイズセットが入荷されたんです。
バニラ・アンサンセ入ってる!
他にはオレンジ・サングイン、カフェ・チュベロッサ、セドラ・アトラスなども……!


飛びつきました。

最初につけたときは、「ライムとバニラと木!」というイメージでした。最初は「確かにいい香りなんだけど、ちょっと思っていたのと違うかな……」という印象でした。
が、なんとなく次の日も、その次の日も手を伸ばし、じわりじわりとハマってしまいました。こんなこともあるのね。

完全に「買う」と決めたのは、ポメロ・パラディと重ねづけをしたとき。
重ねづけというか、パジャマにバニラの残り香がある状態でポメロをつけてしまったのですが、「なにこれめちゃくちゃ素敵で美味しそう!!」とびっくり。
思えば香水のレイヤリングがこの時初めてだったんじゃないかしら。

2mlのものを完全に使い切る前に30mlを購入したのは言うまでもありません。真夏だったのにね。
(この時は楽天のザベル・ビューティーさんで購入しました)


ポメロ・パラディとバニラ・アンサンセ


ポメロ様もこれからずっと使っていきたい香水だと先日の記事でアレほど熱苦しく書いたのですが、バニラ・アンサンセもやはりずっと手元に置きたいなと思っている1本です。
強いて言えば、真夏はちょっとお休みさせるかもしれない。でもそれ以外は使いたい。

ポメロ様もホッとするんですが、こちらは「ほう……っ」っとする。
わー文字で書くの難しい。ニュアンスがちょっと違う。
ポメロはいつのまにか背負ってしまってた肩の荷を下ろすようなホッとした感じ、バニラはふかっとしたクッションや布団に身を沈めるような感じ。(余計わからんって)

そしてポメロも私の肌では結構長持ちするんですが、バニラ・アンサンセはかなり長いです。お腹か内肘にワンプッシュしたら、ほぼ1日付け直しいらない。
いらないから30mlで1年持つだろうと思ってます……が多分次は100ml買っちゃいます。笑

体質がアレな私がバニラ・アンサンセをつけると、ライムの香りが結構はっきり出て、しかもそこそこの時間残ります。
バニラも最初からそこそこはっきりといます。ジャスミンなのかコリアンダーなのか、少しすっきり感のある香りはミドルくらいにうっすらあるなと感じます。その中にほんのり苦味もある。「電波のように香り」という公式の説明がありましたが、これかなーと。
木というか木片っぽい香りに感じてるのは、シダー辺りかなと思います。
後からゆっくりバニラの香りが強くなっていくけど、スイーツ・お砂糖的な甘さではなく、植物的かつドライな甘さというか、バニラビーンズってこうなんだろうなという甘さ。

最初に感じた印象は「アイスクリーム用の木のスプーンをかじっているみたい」。(なんか安っぽい表現ですみません……でも好きなのよ……)
メンズっぽいバニラと書かれている口コミなどもちらほら見たけど、確かにメンズっぽいと言われたらそんな気も。でもこれつけてるならば癒し系男子(癒し系おじさまでも可)じゃないかと妄想いたします。セクシーな印象ではない気がする、少なくとも私が肌に乗せた香りでは。

↑またもやブランラパンさん。今は150mlしかないけど、30mlも再入荷するかも?

シャワーの後、ポメロ・パラディを手首や肘に、バニラ・アンサンセをお腹にプッシュしてお布団に入るのが最近の最高の瞬間です。みかんバニラ。ああ……笑
最近寝付きがよくなったのは多分この2本のお陰です。本当にありがとうございます。

ちなみに、LuckyScentで見て知ったのですが、この2本は同じ調香師さんでした。
私、このかたの作品を追いかけたらいいのかしら。笑


アトリエコロンの香りを、いろいろちょこっとずつ試したいならばこちらもオススメです。
私もここで試してハマって買ったものが……うふふふ……。何度お世話になっているか。
4本もいらんわーという時は、同じサイトに3本セット、2本セット、単品もあります。便利。

スポンサーリンク

フォローする